2018-10-09

紋きり型の質問で良い家は建たない


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

家を建てたら「こんな暮らしをしたいなぁ」と誰もがワクワクしますよね。

たとえば、あなたが
「リビングは狭くても、くつろげる空間にしたいなぁ」

「キッチンでは、親子や夫婦で料理に挑戦したなぁ」

「たっぷり部屋干しできる場所が欲しいなぁ」

「ウッドデッキをつくって、子供にプールで遊ばせたいなぁ」

「ベランダでは、ガーデニングやバーベキューを楽しみたいなぁ」

などなど、いろいろイメージしているはず・・

それはこんな質問から始まる

ところが、注文住宅会社の営業マンは、

「リビングは何畳くらい必要ですか?」

「キッチンはどのタイプがお好みですか?」

「和室はあったほうがいいですか?」

という質問をするケースが多いんです。

そんな質問をされると、ついつい

「リビングはせめて10畳くらいは欲しいよなぁ」

「今の家が壁付け式なので、次はカウンター式が素敵かなぁ」

実は、これが失敗の始まりです。

良い家づくりはこんなふうに始まる

本当は、リビングを10畳にしたいのではなく、たとえ狭くてもくつろげる空間にしたかったはず…
キッチンは、どのタイプかを選びたいのではなく、家族と料理を楽しめる場にしたいはずです…

ですから、あなたの注文住宅に対する要望をしっかり叶えるためには、

担当者は次のように尋ねてくれる業者を選ばねばなりせん。

「リビングでは、どのように過ごしたいのですか?」

「家族でどんなふうに料理を作るんですか?」

というふうにです。

こうした質問をする業者は、あなたが新居で楽しく暮らせるよう、より良い提案をしたいと考えています。

その為にも、あなたの暮らしや、考え方を十分に理解する必要があります。

ですから、施主のことを理解しようと努める業者ほど、自社の売り込みよりも施主の話を聞くことに時間を使います。

新居の暮らしを楽しみたいあなたと、建築のプロである業者がタッグを組めば、

より良い家になること、うけ合いです。

その為にも、あなたの新居に対する「本当の要望」をしっかり伝えてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!
奈良の注文住宅づくり、土地探しでお悩みがある場合は、
気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。