2017-10-23

土地選びの必須項目とは


こんにちは、辰川です。

どんな家を建てるのかと同じくらい、将来の暮らしを左右するのが、どんな土地に住むかということですね。

生活の便利さはもちろん、近隣住民の世代や、近所づきあいなども気になります。

現地に行ってみる

とくに自分が慣れていないエリアで、土地の良し悪しを判断せねばならない場合は、とにかく現場に行ってみること。

ネットや雑誌で、土地の相場などを調べることも必要ですが、

実際に現地を見学し、駅からの距離、途中にあるお店、周囲の雰囲気などをチェックしてください。

また、土地の良し悪しは、金額とのバランスから考えなければなりません。

奈良の市街地のなかでも、駅近のような利便性に勝るエリアは、土地値も高くて手が出ません。

そこを無理して買うと、建物代が削られてしまい、せっかくの注文住宅も満足のいくものになりません。

プロの力を借りる

好条件の土地が簡単に見つからない場合は、現実に立ち返ることが大切です。

例えば、利便性のよい場所にありながら、狭小地や旗竿敷地、ウナギの寝床のような細長い土地などは、ふつう建築が難しいと思われていますから比較的安価。

これはこれで検討してみる価値はあるかもしれません。

ここでもポイントは、多少は難はあるけれども、その条件を前提にしながら、活用できる土地かどうか。

実は、こうした条件の悪い土地でも、業者によっては悪条件をカバーできるだけの提案力を持っていることがあります。

そこで、その土地があなたが許容できる範囲のものか、あるいは条件の悪くて許容できない範囲のものかを見極めることが必要です。

でも、それは素人には判断が付きにくいことですよね。なぜなら、これまで土地を買った経験がないからです。

そこで、経験豊かなプロの眼で見てもらうことをお勧めします。

もちろん、プロが見たら、お勧めできない土地かもしれません。

一見、建築するのが難しそうにみえる土地でも、住み心地を良くする建物の配置や間取りを見つけることできれば、予算内で満足いく住まいになります。

 

いかがでしたか?

土地から選んで、注文住宅を建てるのはなかなかの苦労です。

困ったときは、是非、プロの力を借りてみてはいかがでしょうか。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!

奈良の注文住宅のことなら、どんなことでも気軽にご相談ください。

無料相談はこちらから

電話:0743(58)5601

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。