2018-03-02

奈良の土地選び。分譲地と一般宅地の違い


こんにちは、辰川です。

注文住宅の家づくりでは、土地の無い人は、
最初から土地選びで苦労するもの。

とくに奈良は市街地が少ないのでなおさらです。

良かれと思った土地は予算に合わなかったり、
また予算に合う土地は希望の家が建たなかったり…

ところで、土地を探し始めると、
2つのパターンがあることに気づきます。

1つは、複数の区画をもつ分譲地。

もう1つは、住宅地の中で1区画だけポツンと
売り出されている土地です。

分譲地の場合、大体同じ時期に入居するので、
一からコミュニティーを築くことができますね。

一方、一般的な宅地はすでに人間関係が出来上がっているので、
人付き合いが苦手な人は、何かと大変かもしれません。

でも、土地としての希少性を考えれば、
分譲地が一般宅地よりも有利とは限りません。

一般宅地でも例えば、学校が近い、交通の便が良い
、車が無くても不自由なく暮らせるという場所なら、
その価値は高まります。

つまり、土地の資産価値の高い・低いは、
需要と供給のバランスで決まるということです。

そんな条件に合う土地は、探す時は大変ですが、
逆に売る時には有利になります。

住宅の資産価値は年々下がっても、
土地の価格は需要さえあれば値段は安定しているので安心です。

ところで、注文住宅業者は、
これまで多くの土地を見ています。

「この土地は造成にお金がかかりそうだ」
「この土地は建物の制限がキツイかもしれない」

など、これまでの経験を参考にしながら
あなたにプロとしての助言をしてくれるものです。

ただし、業者によっては
土地選びに関わりたくない場合もあるので、
事前に確認するとよいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!
奈良の注文住宅に適した土地選びで
お悩みがある場合は、お気軽にご相談ください。
⇒無料相談はこちら

※ベルジュホームは土地仲介事業も行っています。
当社で建築されたお客様には仲介手数料を無料で
提供させていただいております。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。