2019-06-01

焦って土地を買っては駄目


こんにちは、辰川です。

昔から「不動産に掘り出し物はない」
とよく言われます。

これは当然、土地選びにも当てはまります。

つい安さに惹かれて買った土地に、
家を建てる段になって、予期せぬ費用がかかった、
というのは、よくある話。

例えば、既設の水道管をやり替えた、
造成工事や地盤改良工事に大きな費用がかかった、
などなど・・

もっと酷いのになると、
家を建築できない土地だった、
といった信じられないケースもあります。

土地が何故安いのか、疑問をもつ

すべての「安い土地=悪い土地」とは限りませんが
「その価格になっている理由」を知ることは大切です。

「不動産会社からもアドバイスしてくれるのでは?」
と思う人がいるかもしれませんね。

でも、彼らは不動産取引のプロではあっても
建築関しては素人同然というケースも珍しくありません。

だから、早く土地を売るために「駅近はやっぱり便利ですよ」
「早急に決めないと売れますよ」といった
都合のいい言葉を並べられ、つい冷静さを失うことに・・。

建築に関わるプロに相談する

すでに家づくりを相談できる建築会社や設計士が決まっているのなら、
土地の購入について相談に乗ってもらってください。

その土地で、あなたが求める家を建てられるかどうか、
プロの視点から、的確にアドバイスしてくれるはずです。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、健康住宅でお悩みでしたら
お気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。