2018-08-06

自己資金は用意したほうがよい?


こんにちは、辰川です。

以前であれば、家づくりは自己資金を貯めてから、というのが当たり前でした。

でも今は、頭金ゼロで計画を進める人も少なくありません。

確かに、家賃を支払いながら頭金を貯めるのは大変なことですよね。

そうかといって、安易に借入額を増やすと

月々の返済額が増えてしまいます。

新居に暮らしてからもお金はかかる

そうなると、教育費や老後の資金計画がおろそかになります。

また、住宅は住み始めてからも

メンテナンス費用はかかります。

新築したために、ずっとお金で苦しむことだけは

やはり避けたいですよね。

せめて諸費用分は貯めておく

ということで、まずは

予算の2割を目安に貯蓄を始めてみませんか?

そこまで貯まらなくても、諸費用分くらいは貯蓄はしておきましょう。

もし、自分で家計の見直しをするのが難しいなら

FP(ファイナンシャル・プランナー)に依頼するのもいいでしょう。

また今後、消費税が増えることが予想されます。

一方で、収入の増加は期待できそうにありません。

ですから、

今の家計を見直すことで、どれくらい貯蓄が確保できそうなのか、

そんなことをチェックして、無理のない計画を立ててくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!

弊社では、資金計画の無料セミナーも行っています。
資金計画の立て方がわからない、不安のある方は気軽にご相談ください。

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。