2019-06-10

お茶の間となる空間を決めましょう


今でも、テレビ通販などでは、「お茶の間のみなさま」といって、
視聴者に呼びかけますよね。

昔からお茶の間といえば、自然と家族が集まる場所のこと。

こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

お茶の間とは、けっして洒落た部屋ではなく、
テレビを見ては団欒し、それぞれ別々のことをしていても
互いの心がつながる不思議な空間といえますね。

またある時は客間や寝室にもなりましたから、
お茶の間は多機能で便利な空間といえますね。

自分の家に置き換えてみる

では、これから新築しようとする間取りをイメージしてください。

あなたの家族が、何となく集まって過ごせる部屋はありますか?
それはダイニングですか?それともリビングでしょうか。

もし「ダイニングは食事する場所」「リビングはお客さんを招く場所」、
と考えるなら、お茶の間は無いかもしれません。

何となく団欒したくなる場所

これから家を建てるなら、お茶の間となるスペースを決めませんか?

ダイニングをお茶の間にするのなら、
ただテーブルを置くだけ物足りないですね。
広さや収納、色使いなど、いろいろしたいところです。

また、リビングをお茶の間とするなら、
高級なソファーより、絨毯や無垢材の床など、
快適に座れる工夫が必要かもしれませんね。

今、あなたの家族がリラックスできる情景をイメージしてみることです。

家族のコミュニケーション頻度が大事

子供は自分の部屋がもらえると、いつまでも、そこで過ごしがち。
でも、居心地の良い空間があれば、そこに戻ってきます。

間取りを考える時は、お茶の間のことを思い出してくださいね。
それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で、こだわりの注文住宅、自然素材住宅でお悩みがあれば、
何でも気軽にご相談下さい  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。