2020-01-07

子供部屋の与え方


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

家の新築を機に、子供に個室を与えようと考える
親は多いものですよね。

実際、小学生の約8~9割が自分の部屋をもっている
といいます。

ところが、子供が自室で過ごすようになるのは、
思春期に入ってからというデータがあります。

では、中学生になるまでの子供は、どこで過ごすのか?

子供の主たる居場所は、リビングになります。

実際、小学校低学年の8割が、リビングで学習している
という調査結果があるほど。

ところで、低学年の子供が1つのことに集中できる時間は
せいぜい7~8分程度と言われます。

それだけに、家庭で学習の習慣をつけるためには
親のサポートが必要となります。

要は、リビングで勉強しやすい環境を
作ってあげるということですね。

たとえば・・
・椅子の高さを調節する

・椅子が高ければ足置き台を用いる

・明るい照明にする

・テレビが視野に入らないようにする
などなど。

ところで、子供は中学生にもなると、自由に過ごしたい
という思いから自室で過ごす時間が増えます。

その場合でも「与え過ぎない」というスタンスは大事。

テレビや冷蔵庫など自室で何でも叶う環境や、
ドアに鍵をつけることも避けたほうがよいでしょう。

不便を感じる位がちょうど良いのかもしれません。

新築プランでも、リビングを通らないと自室に行けないなど、
家族とのコミュニケーションが図れる間取りにしてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、土地選びでお悩みでしたら、
何でも気軽にご相談下さい。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。