toggle
2017-12-02

住宅ローンで得する返し方とは?


こんにちは、辰川です。

住宅ローンを早く返済し終えて、楽になりたい・・・
注文住宅を建てるために、ローンを組んだ人なら、誰もが思うことではないでしょうか。

そこで今回は、住宅ローンの賢い返し方についてです。

実は、有利に住宅ローンの負担を減らすためには、3つの方法があります。

それは、「繰上げ返済」と「条件変更」、「借り換え」というものです。

繰上げ返済とは?

繰上げ返済は、元金の一部または全部を、前倒しして返済すること。

これには、返済期間を短縮する場合と、期間はそのままで毎月の返済額を減らす場合があります。

最近は、繰り上げ返済にかかる手数料は、インターネットを使用すれば無料という金融機関も増えてきました。

条件変更とは?

次に条件変更は、今返済中の住宅ローンについて、返済期間や金利タイプを変更すること。

例えば、転職で収入が減ったり、その反対に共働きで収入が増えたりしたときなどに検討されるケースが多いようですね。

借り換えとは?

借り換えは、住宅ローンを一旦完済し、別のローンに組み替えることをいいます。

当然、金利の低いローンに借り換えが効果的なのですが、借り換えるため、新たに事務手数料や収入印紙代、抵当権の抹消と新たな設定費用、繰り上げ返済手数料、未払い利息分を支払ねばなりません。

こうした諸費用がかかるために、手軽な繰り上げ返済を選ぶ人も多いようです。

但し最近は、この諸費用が非常に安い金融機関もでてきており、わずかな金利でも借り換えるメリットが出ることもあります。

また借換えの場合には、住宅ローンの保証料の残存期間分が戻ってきます。戻った保証料を諸費用に充てることもできるので、金融機関に確認してみることです。

いかがでしたか?

住宅ローンの見直しは、常に悩ましい問題といえます。

メリットとデメリットも考えたうえで、あなたにとって最も効果的なものを選んでみてくださいね。

ではまた!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。