2018-03-28

土地契約前の重要事項説明はココを要チェック!


こんにちは、辰川です。

注文住宅で家づくりをする場合、
当然ですが、用地を準備する必要があります。

それが出来ない場合は、
まず土地探しから始めることになりますね。

そして、いよいよ土地契約となると、不動産業者から
「重要事項説明書」の説明を受けます。

この重要事項説明書とは、
1.対象となる宅地に直接関係する事項
2.取引条件に関する事項
この2つについて説明した書面をいいます。

この説明を受ける際に、
最低限チェックしたい内容は以下の通り。

対象宅地に関係する事項では

・他者の抵当権が設定されている場合、完全な所有権を取得できるか
・土地に法令上の制限はないか
・私道の権利や負担は明確にされているか
・土地価格以外に費用負担はないか
・計画通りの新居を建築できるか

取引条件に関する事項では

・契約を解除する場合の手順について
・違約金、手付金の取り扱いについて
・手付金や売買代金の支払い時期
・住宅ローンの内容と、融資が否認されたときに無条件で契約解除できるか
・所有権が###name###さんに移転するのはいつか
・引き渡しまでの責任の有無について

またこれ以外に「特約」が付されているのなら、
それはどんな内容か念入りに確認してくださいね。

重要事項説明書はしっかり理解すること

ところで、契約をめぐる紛争の殆どは、
「そんなことは聞いてない」という事から発生します。

この「聞いてない」の殆どが、重要事項の説明に関係する事であり、
本当に「聞いてない」という場合もあれば、
「聞いたけど忘れた」「聞いたかもしれないけど良く理解できなかった」
など理由はさまざまです。

契約後にトラブルが起きないよう、
「重要事項の説明を聞いた」という意味で、
買い手は重要事項説明書に記名押印します。

ですから、あなたは重要事項説明書の内容を熟読し、
しっかり理解する必要があります。

大切な作業ですから、じっくり丁寧に読み込みましょう。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。