toggle
2018-11-06

モニター価格に飛びつく前に…


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

「展示場の家、抽選で1名様500万円!」とか「新商品◯◯の家、抽選で500万円モニター価格!」という広告に見入った経験はありませんか?

こんなフレーズを見たら、家づくりを計画する人なら、きっと誰でも興味を持ちますよね。

でも、なぜそんなにお得するのか?と疑問に思ったことはないですか?

モニターの意味

ふつう「モニター」と云えば、何らかの製品について、使い具合などの試験を行う人のこと。

つまり、「モニターとして住んでみて、商品の改善のために役立ちたい」と捉えるのが、本来のモニター価格のあり方です。

そのため、モニター価格で家を建てたら、不満足な試験結果が待っているかもしれません。
そこをキチンと理解せず、金額の安さだけで飛びついてよいものでしょうか・・。

一種のオトリ広告

困ったことに、モニター価格を売りにして集客し、自社の見込み客としてキープしようとする業者がいるのも事実です。

派手な広告を見て、希望者が殺到すれば、その人たちは住宅計画があると判断できます。

一人くらい安く提供しても、その他大勢に売り込めるチャンスが広がるので、宣伝費と割り切っています。

モニタも手を上げた途端、電話は鳴る、訪問されることを覚悟しなければなりません。
宝くじより確率は高いですが、考えものです。

ところで、ハウスメーカーの展示場の費用やカタログ代は住宅価格の1割ほど掛かっています。2千万円の家なら2百万円です。

いかがでしたか?

これから何十年も住む家です。良いご縁を見つける日まで、妥協は避けたいものですね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良の注文住宅づくりでお悩みでしたら、
何でも気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。