2019-04-15

注文住宅で値引き交渉はやったほうがよい?


あなたは物を買うとき、『値引き』とか「キャンペーン」と聞くと
ワクワクしますか?

こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

最近は、クルマを買うにも値引き交渉するのが当然、
という時代になりました。

ということで、住宅の場合も値引き交渉する人が増えてきたようです。

そこで今回は、住宅の値引きについて。

値引きしてよいのは、2つのケースだけ

確かに、物を買うとき値引きしてもらったら嬉しいですよね。

では、クルマや家電と同じ様に、
住宅を買うときにも、値引きは正解なのでしょうか?

実は、積極的な値引きはあまり好ましい結果を生みません。

というのも、値切り交渉をしても問題が無いのは、
今現在すでに存在しているものだけだからです。

つまり、土地を買うときと、建売住宅を買うことだけ。

従って、注文住宅のように、一から作るものは特に要注意。

なぜなら、業者は、あなたがOKした金額から自社の利益を確保して、
残った予算の中から家づくりをするからです。

ということは?
予算が足りなくなったら、業者はどんな手段で家づくりを続けるんでしょうか。

値引きに隠された側面

実は、値引きには2つの側面があります。

まず、1つは、わざと高めの見積り額を提示して、
大幅に値引きしたと思いこませるケース。

最初から値引き分を上乗せしてあるのですから、
住宅会社が困ることはありませんね。

もう1つは、安く買えたと思わせて、
あとから大幅なオプションや附帯工事で、住宅会社が元が取っていくケース。

こちらも、住宅会社が困ることはありません。

値引きのシワ寄せはどこに行く?

とくに住宅会社の決算期には、値引き合戦が特に激化します。

たいていの場合、しわ寄せは下請け業者にいきますから、
現場もやる気を失ってしまう。

だから、下請けは短工期で済まさないと割が合わないので、
一刻も早く終わらせようとします。

これが施工品質に影響しないとは言い切れませんね。

いかがでしたか?

一から建てる注文住宅では、契約前の値引きは危険が伴います。
最初から自分の予算は明確に話しておくのがよいです。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で自然素材の注文住宅、こだわりの家づくりでお悩みでしたら、
気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。