toggle
2018-04-03

住宅資金を増やす方法


こんにちは、辰川です。

同じ年収でも、年に100万円以上貯金する人もいれば、
全く貯金できない人もいます。

また足りなくて借金する人も。

その違いは、お金の使い方にあります。

特に贅沢をしているわけでもないのに、
なぜかお金が貯まらないという人には
共通の生活習慣があります。

例えば、

・先取り貯蓄(貯蓄分を収入から先取りする方法)をしていない
・酒、パチンコなど、止められないと思っている娯楽がある
・「必要だから買う」のではなく「欲しいから買う」
・毎日のように買い物をしている
・服や持ち物は値段重視で、それほど愛着がない
・掃除や片付けが苦手である
・財布の中身を把握していない
・車の任意保険や医療保険などの見直しを面倒だと感じる

まだまだありますが、この辺で止めておきましょう。

どうですか?

当てはまるものが多いほど、
貯蓄できない体質と言えそうですね。

「先取り貯蓄」か「成り行き貯蓄」か

貯蓄した、残りのお金で生活する人と、
お金を使い、残ったら貯蓄する人とでは、
お金の貯まり具合に大きな差がでます。

前者は、「先取り貯蓄」といって、
貯蓄分を収入から先取りする方法。

そのためには「使う口座」と「貯める口座」を分離させます。

これに対して「成り行き貯蓄」は
余ったらお金を貯める方法です。

成り行き貯蓄の方法では、
貯蓄残高はなかなか増えません。

先取貯金が効果がある

確実にお金を増やすには、「先取り貯蓄」が鉄則。

実際、お金がたまっている人のほとんどが
「先取り貯蓄」を実行しています。

今すぐお金が貯まらない貯蓄方法をやめて、
お金が貯まる人になりましょう。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。