toggle
2018-10-01

あとからツケを払う?「タダより怖いものはない」


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

通常、注文住宅業者が敷地調査もしないで、プラン作成することはありません。

というのも、プラン作成にあたってはいろいろやるべき事があるからです。

プラン作成は手間暇かかるもの

まず、陽当たりや道路状況、眺望、高圧線の有無などの調べなければなりません。

そのとき、隣家と窓が向き合わないという配慮も必要です。

また法務局や市役所に行っては、登記簿の確認、建築制限などをくまなく調べねばなりません。

これらを全て行うことで、近隣に気を配りながらも施主が安心して暮らせるプランを練り上げていくのです。

プラン作成を無料で行う業者

昨今、業者がプランを作成しても、必ず契約に結び付くわけではありません。

なぜなら、数社のプランを見比べて検討する人は多いからです。

でも、プラン作成を無料で提供している業者は少なくありません。

交通費、人件費などを考えても、万単位の費用が発生しているはずなのにどういうわけか・・

つまり、それを「有料です」とは言えないのが本当のところではないでしょうか。

タダより高いものはない

「見積り無料」と言われても、一度見積りを出してもらうと

日本人は物事を割りきれない性質がありますよね。

そこに付け込んで、中にはこんな業者がいます。

プラン作成をしたのに契約に結び付かなかったとき、いきなり作成費用の請求をしてくるのです。

無料でプラン作成するかのように思わせ、契約しないと分かった途端、費用を請求する…

卑怯だと思いませんか?

ある業者は、契約に至らなかった人に、プラン作成費用として数十万円請求しました。

もしプラン作成前にその金額を知っていたなら、依頼者は安易に相談しなかったでしょう。

「数十万円を支払ってもプラン作成をしてもらう価値がある」のかどうか、念入りに調べてから依頼するはずです。

理不尽な請求をされないために

プラン作成にかかる手間暇を知っている人なら、料金について質問したかもしれません。

しかし、一般の人は事前に何の説明もなければ、無料だと解釈するものです。

だから、プラン作成を依頼するとき、必ず事前に料金のことを確認してくださいね。

もし無料だと言われたら、契約に至らなかった場合も無料なのか尋ねることです。

業者とて、ボランティアではありません。

そこをしっかりと理解し、

専門知識を持つプロに、世界で1つだけのプランを考えてもらうことです。

 

いかがでしたか?

住まいは、家族が何十年と暮らすことになる基盤。

何でもかんでも「無料」といって、あたかも安いと思わせるやり方にはウッカリ乗らないことですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良の家づくりで疑問・質問があれば、
何でも気軽にご相談ください。
プロとして納得のいく解決策をご提案いたします。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。