toggle
2018-12-22

孤食させない為のルール作り


こんにちは、辰川です。

親が共働きであったり、子どもの習い事などの影響で、
家族揃ってご飯を食べることが難しくなっている家庭も
多いのではないでしょうか。

そんな中、たびたびクローズアップされるのが
「孤食」です。

孤食とは、子どもが1人でご飯を食べること。

家庭環境が理由で、やむを得ず
子供が一人寂しく食事をする光景が浮かんできます。

すすんで孤食する子供

ところが孤食には、家族が食卓でご飯を食べている時に
自らが望んで、自室で「孤食」をするケースがあります。

といっても、
親と喧嘩しているわけではありません。

ただ、
「自分の好きなテレビ番組を見ながら食べたい」
「一人が落ち着く」という程度の理由から。

食事の時間は、家族が同じ場所に集まる貴重な時間だけに、
残念なことですよね。

最初にルールを取決める

自室での孤食は、偏食になりやすかったり、
食事のマナーも身に付きません。

また、情緒不安定になりやすく、
非行の割合が高いというデータもあります。

ですから、新築して子供部屋を与える時は、
必ず最初に、子供とルールを決めることをお勧めします。

そして、一度決めたら、ぶれないこと。

「1回くらい・・・」と許すと、
ひどく後悔することになるかもしれませんよ。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
「奈良で注文住宅のパートナが見つからない…」、「家づくりの方向性に悩んでいる…」
こんなお悩みを抱えているなら、一度気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。