2019-01-23

子供部屋に鍵は必要か?


こんにちは、辰川です。

あなたは子供の頃に、
「自分の部屋に鍵が欲しい」と思ったことはありましたか?

あるとすれば、なぜそう思ったのでしょう。
例えば…
・家族に部屋をチェックされるのが嫌だった。
・「掃除をしろ」と言われるのが嫌だった。
そのほかにも色んな理由がありますね。

その思いの根っこには、家族に対する不信感があります。

でも、互いがマナーをわきまえていたら、
最初から不信感など生まれません。

ルールを決めたら、鍵は要らない

家を新築して、子供が自分の部屋に鍵をねだったときには、
・部屋に入るときは必ずノックし、ドアを開ける。
・留守中に部屋に入る場合、部屋のものを勝手に触らない。
・本人以外は、掃除も片付けもしない。

など、家族間で「ルールを決められたら、鍵はいらないのでは?」
ということを話し合っておくことです。

それでも鍵が必要なら、
机の引き出し1つまでとしておきましょう。

こうして、極力、秘密を抱える部分を減らしてくださいね。

必要以上に干渉しない

子供部屋を与えるということは、
「子供を独立した個人として扱う」
ということを意味します。

つまり、
「子供部屋=プライバシーを確保できる空間」
を与えたのであれば、必要以上の干渉はしない、
という意味ですね。

そして、子供に鍵を与えるということは、
「いつでも自分の意思で外の世界との関係を断ってよい」
と、親が許したということになりませんか?

そうなると、万が一、
そこで犯罪が生まれていても発見しにくくなります。
ご注意くださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
家づくりでは、何が不安なのかをはっきりさせると
その解決策を探せます。

奈良の注文住宅でお悩みでしたら、
気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。