2018-04-10

奈良の注文住宅でウッドデッキは必需品?


こんにちは、辰川です。

ウッドデッキと言えば、一軒家のあこがれ。

これからの季節、ウッドデッキがあればなぁ、
と考える人も多いことでしょう。

一戸建ての新築住宅におけるエクステリアの中で、
オーニング(日よけ)とウッドデッキの人気は際立っています。

ウッドデッキに何を求めるのか

さて、ウッドデッキづくりで 失敗する一番の理由は何だと思いますか?

その答えは、利用目的がわからないまま設置すること。
じつに勿体ない話ですよね。

でも、利用目的、利用人数をはっきりさせれば、
ウッドデッキの大きさや材質が見えてきます。

もし判らなければ、
最初は 価格が手ごろで耐候性のある樹脂製のチェアーを
置いてみることです。

これを使うことがあれば、
次はテーブルセットを買ってみるとよいです。

それから、家族で楽しむのもよいですが、
一人用のリラックスチェアもまたいいものです。

たまには一人になりたい時にも

家に一人でいたい時ってありますよね。特にお父さんは。
そんなときに、ウッドデッキが間違いなく使えると思います。

さて、ウッドデッキ=BBQとイメージする方は多いのでないですか?

バーベキューをしたいなら、キズがつきにくくて
掃除しやすい床がいいです。

ペットやお子さんの遊び場にしたいなら、
夏の照り返しや安全性は重視してください。

そんなふうに、あれこれイメージしてみることです。

次に気をつけたいのが湿気対策。

長く使うためには、耐久性を考慮するのはもちろんですが、
床下の湿気対策を考えておくことです。

土だけの床下なら、地面の湿気がまともですから。

その点、ベタ基礎にしておけば、
湿気対策だけでなく、安定性の面からも安心です。

ただ、この時、適度な勾配をつけて、
余計な水分が溜まらないようにしてください。

メンテナンスが面倒な人は樹脂製がいい

ところで、いろんな価格で、いろんな素材のウッドデッキが
売られています。

特に奈良はヒノキと産地ということもあり、
これを使ったデッキは素材感が魅力です。

但し、定期的にブラシなどで水洗いするなど
メンテナンスも必要です。

こうしてメンテナンスが面倒という人は、
耐久性、メンテナンス性が高い樹脂製をお勧めします。

いかがでしたか?

家を建てて、ウッドデッキを付けたいときは
その目的とはっきりさせておきましょう。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。