2019-11-11

水周りの床材はC・Fがオススメ


こんにちは、辰川です。

今や住宅住宅の床材といば、圧倒的にフローリングが好まれています。
カーペットなどに比べても手入れが楽で、なにより高級感があります。

それが長じて、洗面所やトイレといった水周りにも、
フローリングが貼られていることもありますね。

水に濡れたままで放置しない

見栄え的に優れたフローリングですが、注意点もあります。

それは、フローリングの素材が合板や無垢材といった木で出来ているため
、水気に弱いということです。

洗面所やトイレは、常に水気のある場所なので、
フローリングに水気が染みこみ易く、結果として腐りの原因になります。

特に、浴室の上り口などは、フローリングの上にマットを
引くだけでは不十分。

濡れたら拭き取るクセをつけることは大事ですね。

そうすれば、フローリングを変色や腐りを、反りから
守ることができます。

クッションフロアが手入れがラク

新築だけでなく、中古住宅をリフォームする際も、
洗面所など水回りは、フローリングをやめて
クッションフロアを選ぶとよいです。

見た目が劣りますが、日常の手入れは格段に楽。
これだけでも選ぶ理由になるでしょう。

それにクッションフロアは安価なので、
汚れがひどくなれば、気軽に貼り替えも利きます。

いかがでしたか?

あなたが注文住宅で床材に悩んだら
是非参考にしてくださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
家づくりは本来楽しいものです。
もし奈良の注文住宅づくりでお悩みでしたら、気軽にご相談ください。
⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。