2019-07-16

キッチン選びで失敗しない方法


こんにちは、辰川です。

「快適なキッチンこそが、新築の最大の楽しみ・・」
そういう女性は多いですよね。

でも、実際に暮らし始めて、キッチンの使いにくさに
落胆することも。

そのならないよう、キッチンは憧れだけで選んではいけません。

そこで今回は、使いやすいキッチン選びについてです。

キッチンタイプの選び方

まず、水屋や冷蔵庫などの寸法を測り、
これらの設置スペースを考慮します。

そして、自分に合ったキッチンの作業スペースが
縦・横何センチ必要なのかを測ってみてください。

作業スペースでは、まな板を置くだけの人もいれば、
ピザやうどんをこねる人もいます。

それぞれ求める広さは違うはずですね。

そうすることで、キッチンのタイプも自ずと
I型・L型・U型、アイランド型と絞られてきます。

奥様の性格も考える

小まめに片付けられないのなら、
アイランド型はきっと厳しいでしょう。
開放感が魅力ですが、リビングとつながる場合、
お客様にまる見えです。

対面式なら、ある程度の目隠しスペースが確保できますが、
アイランド型のような開放感は望めません。

料理に集中したい人なら、キッチンだけ分離した独立型はピッタリ。
整理整頓が苦手な人には最適なタイプといえます。

適正な高さを意識する

ついデザインや設備に気を取られがちなキッチンですが、
忘れがちなのが、ワークトップの高さ。

高さの合わないキッチンは、肩こりや腰痛の原因になったりします。
ですから、ショールームでは、キッチンの前に実際に立ち、
自分に合った高さを選ぶことですよ。

いかがでしたか?

こだわりがあるほど、キッチンの失敗は精神的ダメージがあります。
見た目ではなく、使いやすさを最優先させることですよ。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの家づくり、自然素材の注文住宅で悩みでしたら
気軽にご相談下さい。   ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。