2019-07-20

北向きの部屋には、こんなメリットがある


こんにちは、辰川です。

新築の間取りを考えるとき、
誰の部屋をどの方角にもってくるのかで
悩んだりするものです。

さて、一般に人気のある方角といえば、
やはり、陽当たりのよい南側ですよね。

次が東側の部屋で、3番目が西日の入る西側
になることが多いです。

これに対し、
北側の部屋は寒さや暗さ、湿気の点で、
人気はいま一つ。

しかし、そんな北側の部屋には、
他の部屋にはないメリットがあります。
それは・・

勉強などデスクワーク向き

北側は、朝日や夕日が眩しかったり、
時間によって室温が大きく変わる、
といったことがありません。

直射日光が差し込む南側に対して、
北側は柔らかな光が長時間続くので
勉強や仕事などに集中しやすくなります。

実際、学校の教室では、
直射日光が目に刺激が強すぎるという理由から、
北側にあった方が良いといわれるほど。

ですから、書斎をつくる場所も、
北側の部屋が向いているのです。

景色が良い

北側の窓から見える景色は、太陽光を直接浴びているので
自然もキレイにはっきりと見えます。

逆にいえば、北面には太陽が当たらないので、
戸外からは、ぼやけた見え方になるので好都合です。

結露やカビ対策は?

北向きの部屋を選ぶ場合の留意点としては

1.風の通り道が確保した間取りにする

2.水蒸気が出る暖房器具や加湿器の使用は控える

3.北の部屋に洗濯物を干さない

4.クローゼットなど収納は、小まめに開けて換気する

5.周囲に日当たりや風通しを遮る建物がないかどうか確認する

などは、日頃から意識しておけばよいでしょう。

 

いかがでしたか?

夏場は窓を開けるだけでも涼しいのが、北側の部屋の特徴です。

こうしたメリットも踏まえ、快適に暮らせるよう
プランに活かしてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で自然素材の注文住宅、土地選びでお悩みでしたら、
何でも気軽にご相談下さい  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。