2020-02-24

良い寝室づくり


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

ふつう7、8時間の睡眠が理想だといわれます。
でも、そんなに眠ることのできる人は少ないですよね。

ならば、たとえ短くても質の良い睡眠はとりたいもの。

そこで今回は、新居の寝室づくりについて。

睡眠の質を高めるには、寝室の環境が大事です。

静かな部屋で一人で眠りたい人もいれば、
家族の気配を感じる方が眠りやすい人もいます。

新居を機に、布団からベッドに切り替える人もいれば、
布団でないと駄目という人もいます。

ただし、花粉症やハウスダストに悩んでいるなら、
ベッドのほうが鼻づまりやくしゃみに有効です。

というのも床上30センチ以下は、ハウスダストが
舞いやすいからです。

また間取りで工夫できることもありますよ。

例えば、眠りが深い人の部屋はトイレに近いほどよく、
逆に眠りが浅い人はトイレから離した方がよいのです。

カーテンや照明器具はあとから調整できても、
間取だけは容易に変えられません。

また断熱性が低い寝室だと、冷暖房による体の不調も
心配です。

いかがでしたか?

一日の疲れが取れて、気持ちよく朝を迎えられるよう、
ぜひ新居の寝室づくりの参考にしてくださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、自然素材を使って家造りでお悩みでしたら
気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。