toggle
2017-11-28

自己資金は幾ら必要か?


こんにちは、辰川です。

昔からよく言われているのが、「購入価格の最低2割は必要」という話です。あなたも聞いたことがありませんか?

しかし、親の資金援助がある場合は別として、生活しながら、マイホーム総額の2割を貯めるのは並大抵のことではありませんね。

その間に、夢にまで見たマイホームを諦める人が出てきたりすると、本当に残念と言わざるを得ません。

2割が必要と言われる理由とは

今のような超低金利の時代には、頭金が貯まるまで辛抱するよりも、さっさとローンを組んで買ってしまったほうが得なことも多いです。

では、なぜ購入価格の2~3割は必要と言われているのか?

それは、昔の住宅金融公庫では「融資額は物件価格の8割まで」という条件が付いていたからです。

だから、家を建てるには、必然的に2割の頭金を用意しなければなりませんでした。

今でも住宅関連の本には、当時と同じことが書かれていたりしますが、それが全ての人に当てはまるわけではなく、あくまでケースバイケース。

確かに2割の頭金があるに越したことはありませんが、それが無理ならば、マイホームは持てなくなってしまいます。

ですから、頭金がないからといって、諦める必要はありません。

貯まるまで辛抱できる?

金利が低い今の時代、頭金を貯めている間に金利が上がり、結果数百万円損する可能性はないとも言えません。

現在は、民間の金融機関にしても、フラット35にしても、頭金ゼロの全額ローンや諸経費も借りられるオーバーローンなど、いろいろな商品が選べます。

だからといって、無計画に借りてしまうと、折角、手に入れたマイホームを泣く泣く手放すことにもなりかねませんから、慎重に計画しなければなりませんね。

そのためにも借りる前に、返済できる見込みをキチンと立てて、事を進めることが大事です。

 

次回は、住宅ローンの審査について。

ではまた!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。