2018-07-03

いい家の条件とは、価格の安さなの?


こんにちは、辰川です。

ここ最近になって、新聞広告やチラシでよく見かけるのが、
「600万円で家が建ちます」という広告です。

あなたも、こうした広告を目にしたことはないでしょうか?

もし、あるのなら
「ここまで家が安いのなら、一度話を聞きに行こう」
と思いましたか?

それとも、「なぜ、こんな低価格で建つんだ?」と
いぶかしく思いましたか?

ちなみに、わたしは怒りを感じてしまいました。

住宅は金額だけで判断できない

というのも、住宅とは他の商品のように金額だけを基準に選べるほど
単純ではないからです。

だから、こうした広告が、
真剣に家づくりを考えるひとに対して
「間違った価値観」を与えないかと心配になります。

実際、金額のみを重視し、家づくりに失敗した例は
数え切れないほどたくさんあります。

住宅はいくらでも安く建てられる

わたしはいつも言っていることですが、
住宅は安く建てようと思えば、いくらでも安く建てられます。

材質を落とす、間取りを単純化する、
広さを抑える、など様々な手法があるからです。

むろん、金額だけにこだわれば、その分だけ
リスクを覚悟せねばなりません。

例えば、
性能の低さ、結露、シックハウス、アフターの悪さ…
まだまだありそうです。

ところで、「いい家を安く建てたい」という声は
よく耳にします。

では、そもそもあなたにとって、いい家とはどんな家ですか?

性能、外観、安さ、使い易さ、快適性など、
家に求めるものは建て主によって異なります。

ちなみに、わたしの考える「いい家」とは、
あなたと家族が幸せに暮らせる空間であることが
最低条件ではないかと思っています。

価格にこだわれば失敗する

要するに、「安いことがいいことだ」と考えると、
家づくりはまず失敗するので、気をつけてください。

あなた様にとって、「いい家」はどんな家なのか…
ちょっと立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
ただ一人で沢山のことを調べるのは大変です。
何が何だか判らなくなり、混乱してきます。
そうなる前に、私に連絡してください。

奈良で注文住宅や土地選びにお悩みがある場合は、
何でも気軽にご相談下さい。

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。