toggle
2018-09-18

返済負担率は20%~25%迄に抑える


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

住宅ローンを組む場合に、とくに意識しておきたいのが

「返済比率」です。

同じローンでも、自動車ローンは数年で返済が終わるので

大雑把な計算でも何とかなります。

しかし、住宅ローンの返済期間は20年~35年。

返済額も桁が違うので、慎重に計算した方がよいのです。

返済負担率とは

返済負担率とは、年収に対する返済額の割合のこと。

「年間の返済額÷年収=返済負担率」で計算することができます。

金融機関では、返済負担率が35%以内が安全圏と言われています。

金融機関の返済比率(返済負担率)の審査基準はおおむね30~35%程度。

これを超えると返済が滞るリスクが高まるので、融資が受けられなかったり、借入額を減らされたりします。

だから、住宅営業マンもこれが安全圏だと、あれこれ提案してきても安易に乗らないことです。

貸してくれる額=ムリなく返せる額ではない

お金の使い方は人それぞれなので、35%がけっして安全とはいえません。

生活費に教育費、また所得が増えると税負担も増えるため、年収が多少増えても手取りは増えないものです。

よって、本当の安全圏の目安は、20〜25%。

さて返済負担率を下げるには…

1.借入額自体を減らす

2.返済期間を延ばし、毎月の返済額を減らす

といった方法があります。

しかし実際には、2よりも1のほうが安心ですね。

住宅ローンが超低金利で借りやすい状態になっていても、実力以上に借りるのは慎みたいものです。

いかがでしたか?

あなたの新居での暮らしを、ゆとりあるものにするには、

生活に支障がない住宅ローンを組んでくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「住宅資金」無料相談受付中!
奈良で注文住宅を実現のため、資金計画を丁寧にサポートします。 ⇒お申込みはコチラ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。