2019-11-04

不安につけ込まれないで


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

近年、ますます需要が高まるのが、耐震リフォームです。

その一方で、悪徳業者に引っかかり、トラブルに

巻き込まれる人も後を絶ちません。

人の不安に付け込む業者も

例えば、高齢者がよくわからず、業者に勧めで契約したものの、
大半が不要な工事だった、というニュースもありました。

では、こうした悪質な業者の見極め方はあるのでしょうか。

今回は、その見極めのポイントについてです。

阪神淡路大震災の時は、木造よりもプレハブの方が

多く残っていたため「プレハブが安全」

という印象を世間に与えました。

しかし実際は、耐震性の弱い古い木造家屋が多かっただけでした。

そのため、木造の良さを知る業者は、それはそれは

悔しい思いをしたといいます。

木造の耐震性が向上

阪神淡路大震災を境に、木造住宅の耐震性は格段に向上しました。

ただ、築年数の古い家は各地にたくさん残っています。
そんなところを狙って、悪徳業者はセールスにやってきます。

人は、不安に感じている部分を指摘されると、
つい反応してしまうもの。

そんな時は、すぐに契約しないことです。

あなたの家を建てた業者か、信頼のおける業者に、
本当に補修が必要なのか相談して下さい。

人の不安に付け込む業者は、いつの時代にもいますから、
どうか気をつけて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆家づくりの無料相談受付中!
奈良で「注文住宅のパートナが見つからない」
「自然素材を使った家づくりで悩んでいる」
こんな悩みを抱えているなら、一度気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。