toggle
2017-03-17

未舗装道路のメンテナンス


こんにちは、辰川です。

今年の梅雨は例年より雨量が多いですが、この日は、斑鳩町のH様宅に伺うことに。

写真の未舗装道路のずっと奥に、H様宅が建っています。

H様は、当社で新築を建てられて11年目のお宅です。

2階の窓から、法隆寺の五重の塔が見えるという、絶好のロケーションにあります。

今回は、部屋の漆喰の補修と、未舗装道路の補修依頼です。

舗装していない道路は、クルマが長年通ることで、あちこちに凸凹箇所ができます。

そこに大雨が降ると、大きな水溜りが現れます。

でも、この道はH様宅だけの所有ではないので、勝手にアスファルト敷きにはできません。

そのため、新しい砂利を運び込んで、新築当時のように平滑に道路をならす工事になります。

さて、すぐ近くには、奈良時代の遺跡「藤ノ木古墳」があります。

雨の時期はさすがに訪れる人も皆無。

でも、桃色のコスモスの花が雨に濡れており、観光地とは思えぬも風情でした。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。