2020-04-15

新築後に不良個所が見つかったら…


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

マイホームを建てたあとで、「住宅に問題が見つかったらどうしよう」と
不安になったことはありませんか?

そんな万一の場合に備えるのが、住宅瑕疵担保責任保険です。

住宅瑕疵担保保険とは?

瑕疵(かし)とは、欠陥や傷のこと。

住宅の瑕疵に対する補修代を瑕疵担保責任保険で賄うことが
できる保険となります。

新築住宅の欠陥については、「品確法」によって、
引渡し後10年以内は住宅事業者が無償補修すると定められています。

この義務を瑕疵担保責任といいます。

ただし、すべての事業者が資金的余裕があるとは限りません。

そこで、住宅瑕疵担保責任保険を活用すれば、瑕疵に対する
補修費用を保険金でほぼまかなうことが可能になるのです。

瑕疵担保責任保険の説明義務

住宅購入者がこうした保険の存在を知らず、自分で修理してしまった
などということのないようにしたいものです。。

なお、住宅瑕疵担保履行法では、業者が請負契約の際に
住宅購入者に保険について説明することになっています。

しかも「重要事項」としての説明を義務付けられているんです。

ですから、説明しない住宅会社は、信頼しない方が賢明です。

中古住宅にも保険がある

また、今は新築を避け、中古住宅を購入する人も
増えていますよね。

その場合でも中古住宅の検査と保証がセットになった
「既存住宅売買瑕疵保険』という保険があります。

あなたが中古住宅を選ぶ時の条件に入れておいた方が
より安心ですよ。

もし保険に加入しない場合は、万が一の場合の補償について、
契約前に説明してもらって下さい。

さらに契約書に記載されているかも念入りに
確認しておいてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、自然素材を使った家づくりでお悩みでしたら何でも気軽にご相談下さい。
⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。