toggle
2018-10-31

窓の防犯対策はココがポイント!


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

今日は、戸建の窓の防犯対策についてお話しします。

その場を離れる時は必ず施錠

当然ですが、どんな小さな窓であっても無施錠のまま外出するのはNGですよね。
さて、窓サッシに付いている錠金具のことを、「クレセント」と呼びます。

三日月型(クレセント)の形をしており、
下から上へぐるりと半回転させるという単純な仕掛け。

その締まり具合はしっかりと指先にも伝わりますね。

ところで、上げ下げ窓や引き違い窓のクレセントは、
もとはと云えば、
窓の気密性や断熱性、防音性を高めることを目的としたもの。

だから、あまり防犯性は高いとはいえません。

そのため、空き巣が簡単にクレセントを外してしまわないように、
しっかり対策が必要です。

補助錠が有効

補助錠とは主錠のほかに補助的に取りつける錠前のことです。

また施錠する場合、クレセントを回すだけでなく、
その近くにある補助錠をかけることは、非常に有効です。

補助錠をできるだけ上部につけると、外部からは手が届かないので
空き巣は侵入を諦める可能性が高くなります。
低コストの防犯対策なので、これならすぐに始められますね。

面格子を過信しない

面格子のある浴室やトイレなどの小窓を、
換気のために開けているという家庭は多いですよね。

ただし、ネジで外付けする面格子は簡単に外されてしまいます。

その対策としては、ネジの頭をつぶすか、
サッシと一体になったタイプを選んでおきましょう。

それではまた・

・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
何が不安なのかをはっきりさせるとその解決策を探せます。
解決策を探すには、専門知識を持ったプロ相談するのが一番です。

奈良の注文住宅、土地選びで困ったときには気軽にご連絡ください。

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。