toggle
2019-03-25

家づくりで家族の意見が食い違ったら


日常生活でも、家族と意見が食い違うことはあります。
それは、家づくりも同じです。

こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

とくに住宅は大きな買い物なだけに、
家族でも重視したい所は、いろいろ違ってきます。

特に注文住宅では、自分の希望を叶えられるだけに、
夫婦間での意見の違いが生じがちです。

夫婦で意見が分かれたら

家を建てると決断したあとでも、
資金面・間取りなどで夫婦の意見の相違が出てくるものですね。

例えば、予算面では、
「一生に一度の買い物だから妥協したくない」と妻が思えば、
「多額なローンを組んでまで無理したくない」と夫が思うというふうに・・。

そうなると、予算内に収めたい夫と、妥協したくない妻との間で
揉めてしまうことになります。

家づくりは決断の連続なので、最悪の場合は離婚原因にもなることも・・。
そうならないよう、お互い冷静になって話し合ってみるべきです。

しかし、どうしても解決できないという場合はどうしたらよいのでしょうか?

意見の食い違いは悪いことばかりではない

夫婦であっても、相手は自分と違う人生を生きてきた人。
自分が経験していないことを経験していますよね。

つまり、意見の食い違いは、もっと広い世界を知るチャンスです。
この機会に、自分のことをより深く知ってもらえる絶好の機会ととらえるのです。

その際、相手を責めるのではなく、
「その行動の目的は何なのか」「なぜそう思うのか」
を尋ねてみましょう。

この時、自分の意見を押し通すのではなく、
互いが納得できる答えを探そうとする
意識を持つことが大切ですね。

家族の根底には愛情がありますから、
「家族が今よりもっと幸せに暮らすには?」
という視点があれば、実りのある話し合いができるものです。

いかがでしたか?
家づくりで、家族と意見が食い違った時には、
ぜひ参考にしてくださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅を建てたい、ハウスメーカーの家に飽き足らない方は、お気軽にご相談ください。⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。