toggle
2018-10-16

注文住宅の防犯対策 Part2


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

前回の防犯対策の続きを話します。

泥棒は、たまたま通りがかった家に侵入するということは、まず無いといいます。

つまり、彼らは必ず「下見」をし、計画を立ててから犯行に及ぶということで過ごせる。

だから、泥棒が目をつけるポイントを知っておけば、防犯対策に役立つということになりますね。

泥棒が好む家

では、泥棒はどんな家に狙いをつけるのでしょうか?幾つかポイントをあげてみましょう。

1.家族以外が確認できる郵便受け・・・新聞や郵便物があると留守が容易に知れます。

2.家の中が乱雑・・・侵入した痕跡をわからず、泥棒が神経質にならずに済みます。

3.大事なものを一カ所に保管・・・通帳や印鑑、カード類、生年月日の記したものがあると、手間が省けます。

4.外灯やセンサーライトが無い・・・夜の暗闇にまぎれて家に近付けます。

そのほか、大通りから小さな通りに入った、高い塀のある角家などは、泥棒にとって絶好のターゲットとなるそうですよ。

夜の防犯対策

普段から風呂場やトイレの小窓を、換気のためといって、夜間も開けていませんか?

小さな窓でも侵入経路になるので、面格子を設置していない限り、窓を開けるのは危険です。

また、夏の蒸し暑い夜などは、窓を開けて寝たいもの・・

でも、高い塀や、ベランダ近くの雨樋が2階に侵入するのに打ってつけの場所となります。

その対策としては、2階に施錠したまま通風ができる窓シャッターなどを設置するのがオススメです。

いかがでしたか?

共働きで留守がちであったり、人目につきにくい場所に、家を新築するのであれば、防犯対策をしっかり見直してみてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良近郊での注文住宅づくりでお悩みの方、ハウスメーカーの住宅に飽き足らない方
何でもお気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。