2018-09-30

住まいの資産価値を高める方法


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

多くの人が住宅ローンを組む期間は、およそ30年前後。

その間、思ってもみないことが起こり、自宅を手放すことがあるかもしれません。

そんなときでも資産価値が高ければ、高く貸したり、売ったりもできますね。

逆に価値が低いと、借り手も、買い手もなかなか現れません。

土地選びは重要だか・・

特に売却する場合、土地の資産価値がものをいいます。

例えば、

・スーパーやコンビニが近ければ、日々の暮らしがラク。

・駅やバス停までのアクセスがよいと通勤通学に便利。

・子供がいる人は、治安の良さ、公園や学校が近いと安心。

しかし、こうした条件を全て叶えることはまず無理といえますよね。

でも、そこで暮らすことのメリットが1つでもあれば、相手の心に響いてくるものです。

流行を求め過ぎない

不動産チラシやインターネットを通じて、中古物件の情報を見てみましょう。

当時の建物が、やけに古臭く見えないでしょうか? 逆に古臭さを感じさせない物件はなかったですか?

通常、新築のプランニングは短期間で行いますが、家は何十年と住み続けるもの。

その時々の流行で建てたり、個性的過ぎると、家を資産として生かせることが難しくなります。

家族が幸せに暮らすために必要なものならともかく、単に「流行っているから」という理由で選ぶのは考えものです。

腕が立ち、面倒見のよい業者を選ぶ

一から建てる注文住宅とはいえ、完成した瞬間から劣化していきます。

ただし、きちんとメンテナンスさえ行えば、劣化のスピードを弱めることが十分可能。

そのために必要なのは、信頼できる業者選びに尽きます。

ですから、経営に携わっている人に必ず会っておくことです。住宅の良し悪し、好き嫌いよりも人ですよ。

良きパートナーが見つかれば、共に資産価値を守ることができます。

価値のある不動産を手にできると思えば、長期ローンに対する不安もずいぶん和らぐものですよ。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で土地探しから注文住宅を建てたい人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人
何でもお気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。