2019-01-19

家作りの相談相手に迷ったら


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

もしあなたが家作りで困ったとき、
相談相手として、誰を思い浮かべますか?

相談相手にふさわしいのは?

たいていの場合、住宅業者、
公の機関、親や知人かもしれませんね。

そんな彼らにも問題点はあります。
例えば…

●住宅業者の場合
「弊社の家なら、あなたの悩みは解決されますよ」と言われ
売り込まれるのがオチかも。

●公共機関・金融機関
第三者の立場で助言はもらえるでしょうが
個別のつっこんだ情報は得られることは少ない。

●親や知人
家を建てた経験はあっても、専門的な知識は無きに等しいため、
うっかり鵜呑みにできない。

従って、彼らの助言は十分に注意する必要があるのです。

家づくりの正解は、1つとは限らない

家族ごとに、正解は違うことさえあります。
それだけ、家づくりは難しいということですね。

また優秀な技術力があっても、聞き取り能力が欠けていれば、
良い家にはなりません。

知り合いとか利害関係のある人に相談した場合は、
その人にとっては有利でも、
あなたにとって不利な結果になることがあります。

また、あなたのプライベートをさらけ出したくないと躊躇したら、
当たり障りのないものしか手に入りません。

新しい家でどんなふうに暮らしたいのか

つまるところ、家族が幸せになる家を建てるには
まず「その家でどんなふうに暮らしたいのか」を、
しっかり描いておく必要があります。

そこさえ、しっかり押えれば、
どんなアドバイスを受けようと、そうそうブレたりしないはず。

というのも、自分に必要な助言だけを
取捨選択すればよいからです。

これとは反対に、相手の助言に従ったばかりに、
予算オーバーで家計が苦しくなるなど、
想定外のことが起きたりもします。

ですから
「新しい家でどんなふうに暮らしたいか」
ということは、何度も何度も考えてくださいね。

小さなことまでイメージできるようになると、
自分にとって必要なことがわかってきます。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
一人で多くのことを調べるのは大変です。
ワケが分からなくなり、頭が混乱してきます。
そうなる前にご相談ください。

奈良で注文住宅、土地選びでお悩みでしたら、
気軽にご相談下さい。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。