2017-08-16

改築しようにも出来ない住宅


こんにちは、辰川です。

関西では、人気のあるエリアとそうでないエリアで、地価の二分化がはっきりしています。

例えば、京都では「御所バブル」といわれるぐらい、土地値が高騰しています。

築30年を過ぎたマンションでも全く値段が下らず、高値を維持しているのですからまったく驚きです。

その点、奈良の市街地の土地相場はいたって平静。

今後、土地を探して、家を建てようとする人にとっては、

予算を土地に大きく削られないわけですから、喜ぶべきといえますね。

ところで、先日、築28年の中古一戸建てが気に入ったお客様がおられました。

現在の5LDKの間取りを、ゆったりして3LDKに変更できるのであれば、購入したいという希望です。

ただし、問題は家の構造にありました。

肝心の建物は、大手メーカーのツーバイフォー住宅。

ツーバイフォーとは、壁によって強度を保つ構造です。

当時の構造図を取り寄せて、補強しながらでも改装できなものかと検討しましたが、

やはり部屋と部屋を区切っている壁を取っ払うと、建物の強度が格段に落ちます。

一番、気の毒だったのは、早く家を売却したかった売主さんでした。

このように、ツーバイフォー住宅は気密性に優れるという利点はあるのですが、

将来とも増改築しないことを前提に建てないといけません。

しかし、家を新築し20年、30年たつと、その間に子供が独立したり、

親と同居したりと、家族の人数が変化します。

使い勝手も変わり、いよいよ増改築したいと思ったときに、

構造上、それが叶わないとわかったとき、これはこれでショックなことです。

こんな経験をするたびに、やはり従来からある、柱と梁のある木造住宅が無難なのだと、

つくづく実感します。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。