2017-06-14

生活スタイルによってキッチンも変わる Part2


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

システムキッチンは、住設メーカーから実にさまざまな種類、グレードが出てきます。そして、当然のことながら、キッチンの形状によっては使い勝手も変わってくるもの。

ところで、キッチンには、ダイニングとつながり方によって、「壁づけ式」「対面式」「独立型」の3つに大別できます。

とくに注文住宅のキッチンプランでは、この3つの特徴さえ知っておけば、後々、大きな失敗はありません。

1.まず「壁付式」というのは、キッチンを壁に面して設置し、ダイニングとの境界を無くしたキッチンのこと。

動きやすく配膳もし易いというメリットのほか、掃除機をかけるのも楽!

ただ、調理中はLD(リビング・ダイニング側に背を向けるので、小さな子供のいる家庭では、子供の姿が見えないという心配もあります。

2.次に「対面式」というのは、カウンターをはさんで、LDと対面させたキッチンのこと。

配膳は、カウンターを廻り込むか、カウンター越しに行うことになります。
長い間、奈良でも人気が続いているタイプといえます。

対面式は「一人で料理をするのは寂しい」という人には人気があるだけでなく、キッチンに立った時に、LD側に目が行き届くので、小さな子供のいる家庭向きです。

また家族とコミュニケーションを取りながらも、キッチンの乱雑さを隠せるので、来客の多い家庭には良いかもしれません。

3.さらに「独立型」は、キッチンがLDとは完全に独立させてもの。

煙や臭い、音など、来客やリビングでくつろぐ家族に気兼ねせず、台所作業に集中したいという人に向いています。

独立型は配膳や後片付けの動線が長くなりますが、収納スペースが確保しやすく、キッチンの汚れを見せたくない人、整理整頓が苦手という人には最適です。また、子供に手がかからなくなった家庭にも向いています。

いかがでしたか?

キッチンとLDの位置関係で料理の仕方も変わるものです。
やっぱり、キッチンは見た目よりも、作業性ですね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。