2017-06-15

間取りパズルに終始してませんか?


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

普通、住まいを考えるとき、実にいろいろな形があります。
賃貸もあれば、分譲マンション、建売住宅、注文住宅などなど・・・

この中で、最も手間がかかり、最も費用も掛かりそうなのが注文住宅です。

その代り、デザインや間取りは自由に選べるし、ペットとの暮らし、ガーデニングの楽しみもあります。さらに将来は増改築も自由です。

このように考えたら、家族が腰を落ち着けて暮らせるのは、ひょっとしたら注文住宅が一番なのかもしれません。

ところで、数ある住まいの選択肢から、注文住宅を選んだ場合、まず自分たち家族の生活を見つめることから始めるのがよいです。

しかし、多くの人は、部屋のリストをつくり、広さを決め、間取りパズルに取り組みます。

たとえば、玄関、リビング、食堂、キッチン、浴室など水周り、そして家族の各部屋というパーツの組み合わせに終始するのです。

間取りパズルで出来上がった注文住宅はどういうものかと言えば、もはや自分たちの生活とかけ離れたものになります。

そうならないように、具体的な間取りを考えるのはずっとあとからで構いません。その際は、プロからいろいろな知恵を出してもらえばよいのです。

注文住宅の最初の段階では、間取りよりも、ほかに考えなければならないことがあります。それは何かというと、新居での暮らしをイメージすることです。

分譲マンションや建売住宅ならば、最初から家をいう入れ物があるので、それに合わせて暮らしていけばよいだけです。

これに対し、注文住宅は何もないゼロからつくっていく作業。
住まいの夢を自由に実現できる、せっかくの機会を単なる間取りパズルで終わらせるのは何とももったいない。

では、新居でのイメージとして、どのようなものがあるのか。
勿論、家族ごとに暮らしのイメージは異なるものですが、例えば、次のようなものがあります。

・ダイニングに大きなテーブルを置いて、そこで仕事や勉強をするような暮らしがしたい
・趣味のバイクのそばで暮らし、すぐに手入れや修理を行える暮しがしたい
・リビングを本格的なホームシアターにして、家族で映画鑑賞を楽しみたい
・リビングにウッドデッキをつなげて、友人を呼んでバーベキューしたい

それから、家は一度建てたら、何十年と住み続けるのが普通ですよね。
しかし、さきでは現在の暮らしぶり、家族構成も変化しているはず。

子供が独立して家を出たり、親と同居したり、家で仕事や教室を始めたりしているかもしれません。

こうした変化をある程度予測できたら、家づくりの計画のなかに、将来変化が起こった時の対応策を組み入れることも可能というわけです。

いかがでしたか?

注文住宅は、計画してから家の完成まで半年から1年はかかる長い道のり。
とくにスタート時期は何を行えばよいかを知っておくことは大切です。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。