2019-10-23

プランでは動線を意識して!


こんにちは、辰川です。

家づくりを考えるとき、まず頭に浮かぶのが間取りですよね。

その間取りで、あなたが重視するのはどこでしょうか?

部屋数?リビングの広さ?それとも収納スペース?

いずれも大切なポイントに違いないのですが、

特に気にしてほしいのが『動線』です。

動線とは、家の中で炊事や洗濯、掃除などの動きを表す線のこと。

この動線を意識した家とそうでない家では、

毎日の生活でのストレスの感じ方も違ってきます。

さて、動線には『生活動線』と『家事動線』、『収納動線』の

3つに分けることができます。

『生活動線』は起床して顔を洗い、食事をして、トイレに入り、出掛ける・・

こうした毎日の生活上の動きを表した線のこと。

生活動線の良いと、家族のコミュニケーションも増えるといわれています。

一方、『家事動線』とは、炊事や後片付け、洗濯、干す、掃除するといった

家事の動きを追ったものです。

さらに『収納動線』がよければ、片付け上手になります。

「部屋が片づかない」「家族が物が出しっ放し」という家をみると、

「収納動線」が悪いことが少なくありません。

例えば、外出時に使うコートを収納するクローゼットが

玄関にあったら、とてもスムーズですね。

また家族の下着やタオルは、各自の部屋より脱衣所にあったほうが

便利なのは言うまでもありません。

いかがでしたか?

スムーズな動線を持つ家は、ストレスが少なくて、

住み心地も良いと感じます。

あなたが間取りを考える際は、ぜひ動線を意識してくださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で注文住宅でお悩みの方、ハウスメーカーの家に飽き足らない方は何でも
お気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。