toggle
2019-02-06

資金計画の最初にすること


こんにちは、辰川です。

「今の家賃と同じくらいのローンなら払っていける」と
住宅ローンを組んだ結果、支払いが苦しくなる人がいます。

最近の自己破産の約2割は、住宅ローンがきっかけだといいます。

将来、家の修繕費や、子供の教育費が増える時期が重なると、
本当に大変です。

さらに老後の資金を貯めようとすれば、
生活や趣味を楽しむ余裕などなくなりそうですね。

ということで、
今回は「資金計画の最初にすること」をお話しします。

「ライフサイクル」を書き出す

ここで云う、資金計画とは、
家づくりに関わる土地代、建物代、
その他の諸経費のことではありません。

万一のことが起きたとしても、
家族の暮らし向きが変わりないよう
ライフプランを立てることが大事。

それには、まず家族の年齢、子供の進学や就職の時期、
車の買替えや車検の時期などを書いた一覧表を作ります。

次に、年間の収入や支出額を書いてください。
そうすれば、貯蓄額の変動が分かりますね。

もし子供が増える予定なら、
その希望時期も書きましょう。

奥様が働いているなら、
働けない間の収入の変動も書きます。

教育費は、公立か私立かによって、大きく異なります。
進みたい学校が決まっているのなら、学費を調べてみましょう。

学童保育が必要なら、その金額も含めること。

また、寮・通学費が必要なら、
その金額も考慮してくださいね。

市販のノートを家計簿代わりに

毎月の支出があいまいなら、試しに
家計簿をつけてみてもよいですね。

最初は面倒だと感じるかもしれませんが、
家計の見直しがしやすくなります。

項目を細かくすると挫折しやすくなります。
市販のノートを自分なりに続けやすい工夫をするといいですよ。

いかがでしたか?
家を建ててからも、家族が無理なく暮らせるよう
あなたのライフプランの参考にしてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「無料の住宅資金相談会」を受付中!
奈良で注文住宅を検討中の方で、資金契約にお悩みでしたら、
気軽にご相談下さい ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。