2019-12-01

リフォーム中も防犯対策を!


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

リフォーム工事では、窓や壁の一部を
解体することがあります。

工事の規模によっては、自由に出入りできる状態で
家人が不在でも工事を進めることもあります。

そんな状況で気になるのが、空き巣ですね。

そこで今回は、リフォーム期間中の防犯対策について。

普段であれば、施錠しておく窓や玄関も、
リフォーム工事中は鍵をかけることはできません。

こんなときを狙った空き巣被害は少なくないのです。

施工業者のような作業着で、空き巣が入ったり、
業者の昼の休憩時間を狙い、犯行が行われることも。

ですから、念には念を入れた防犯対策が
必要となります。

とくに、工事が日をまたぐ場合などは、
夜間などの防犯対策も必要。

例えば、ブルーシートは手軽ですが、
刃物で簡単に切られてしまいます。

ですから、面倒でも1日の作業が終わるたびに、
板を釘で打ちつけてもらえば、確実ですね。

板を打ち付けなくても、空き巣の侵入に
手間と時間がかかる状況を作っておくことが大事。

空き巣は、僅かなすき間からでも侵入します。

心配な場所に防犯用の砂利を敷くなど、様々な
防犯対策を考えたいですね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で自然素材の家造り、こだわりの注文住宅を検討されている方に
どのようなご相談にも無料でお答えいたします。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。