2018-10-12

注文住宅の防犯対策


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

泥棒にとって、侵入しやすく外から見えにくい家は、格好の標的。

その反対に、侵入に時間がかかったり、周囲の注意を引く家は、
リスクが高いので、泥棒も敬遠します。

ターゲットになりやすい家

では、どのような一戸建てが狙われるのでしょうか?
下に挙げてみましょう。

1.高い塀やボリュームのある生け垣がある
⇒外から見えにくい家は泥棒の格好のターゲット。

2.何日も続けて家を空けている家
⇒留守だと悟られない工夫が必要であり、郵便物や新聞は前もって止めねばなりません。

3.帰宅時間が遅くなると分かる家
⇒室内の照明をつけて、家に人がいるように見せる必要があります。

4.2階ベランダの見通しがよくない家
⇒しゃがむと外から見えないので、泥棒の隠れ場所になります。

5.死角になる場所がある家
泥棒は光と音を嫌うので、センサーライトや門灯、砂利が効果的です。

侵入させない

泥棒対策で一番大切なのは、何より侵入させないこと。

そのためには、常にカギを閉めることが最低条件です。

例えば、
「5分10分、留守にするだけだから」とか

「2階まで上ってこないから大丈夫」

という油断は禁物。

また、浴室やトイレも防犯用の格子は必要ですね。

 

いかがでしたたか?

1回でも侵入されると、

その家に住み続けることが不安になってきます。

そう思うと、防犯対策にかかる費用は一概に高いとはいえませんね。

あなたも注文住宅で新築するのをきっかけに、ぜひ防犯意識を高めてください。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良の注文住宅づくりで疑問・質問があれば、
何でも気軽にご相談ください。

プロとして納得のいく解決策をご提案いたします。

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。