toggle
2019-04-23

自然素材は本当に高価なのか?


天然木や塗り壁の住宅といえば、「心地良さそう」とか「健康によさそう」
というイメージがありますよね。

こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

さて、大手プレハブメーカーの営業マンは決まって、
「自然素材は高い」と口を揃えて言います。

そう言われると、自然素材に興味があっても、はなから対象外として
諦めている人も多いはず・・。

でも、自然素材を使った住宅は本当に高価なのでしょうか?

自然素材は耐久性に優れる

確かに漆喰や珪藻土の塗り壁や、無垢フローリングを使うと少しは高額になります。

一方、ビニールクロスの壁紙は安価ですが、10年も過ぎると黄ばんだり、
剥がれたりするので、張替えを考えなければならなくなります。

これに対して、自然素材の壁は、10年、20年で剥がれ落ちることありません。

つまり、自然素材は初期費用はかかっても、あとで維持費に悩まされることは
少なくてすみます。

そう考えると、むしろ問題なのは、ハウスメーカーの営業マンが、
後々の費用に一切触れず、イニシャルコスト(初期費用)だけを説明している点ですね。

新建材は安くて早いが・・

新建材を使えば、安く新築できるし、工期も短くてすみます。
だから、低コストで早く新築したい人には打ってつけ。

しかも、天然木と違って、反ったり曲がりませんから、
経験が浅い職人でも家づくりが容易です。

ただし、新築時がもっとも美しいのですが、
年々劣化を辿ることは、やはり覚悟しなければなりません。

自然素材を使うと長寿命

天然木といった自然素材は、人間と同様に呼吸しています。
反ったり曲がったりするのは、そのためなのです。

しかも、最低限の加工しかしていないので、
家に居ながらにして、森林浴の気分を味わえる。

これって、工業製品が無機質で、時を経るにつれ、
愛情が薄れるのに比べて、いかにも対照的といえるでしょう。

いかがでしたか?

長い目でみたら、家に自然素材を使っても
高価とはいえません。

もしあなたがその土地の気候風土に合わせた家を望んでいるなら、
ぜひ自然素材に挑戦してみてくださいね

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で「自然素材の家を安価で建てたい」「こだわりの注文住宅を建てたい」こんなお悩みがあれば、気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。