2019-01-07

よい建築家の選び方


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

今日は、建築家を選ぶ方法についてお話します。

一級建築士の試験に合格したというだけで
優れた設計者である、という保証はありません。

なぜなら、建築家の場合、プランニング、デザイン力・構造・コストなど
すべて理解しておく必要があるからです。

建築家選びの最低条件

それには、「あなたの話をよく聞いてくれる」かどうか。

というのも、建築家の中には、
家族の住みやすさを第一に考える人もいれば、
自分の作品を施主に理解してもらおうという人もいます。

当然オススメは、前者の建築家のほうですよね。

前者の建築家であれば、
住み手であるあなたのライフスタイルや、
望んでいる生活を聞き出そうと努めます。

そして、そこから得た情報に自分の経験をプラスし、
あなたの家族に最も合ったプランを提案します。

でもこれは、並大抵の労力ではありません。

プラン集から適当なものを選んでアレンジするわけではないので、
時間もかかります。

しかし、この作業をすっ飛ばして、
良い家を建てることはまず無理。

良い建築家ほど、このことを理解しています。

だから、建築家と話す機会があったら、
いろいろ話をしてみることです。

その人が良い建築家だとしたら
「なぜ、そう思うのですか?」「なぜ、そうしたいですか?」
と、トコトンあなたに突っ込みを入れてくることでしょう。

しかし、「ああ、そうですか」で済ますようなら、
その建築家には依頼すべきではありません。

建築家の評価を知る方法

これには、OBさんの家を見せてもらうのが一番です。

というのも、
依頼者・建築家・工務店の3者で行う家づくりは、
何かとトラブルが起きやすいもの。

そこで、新築後の付き合い具合や人間性について、
OBさんからいろいろと教えてもらうのです。

良い建築家の条件は、
・あなたを理解しようと努力してくれるか
・人として信頼できるか

注文住宅を頼むのなら
この2つは最低条件として、必ず確かめてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無料相談受付中!
奈良で注文住宅を建てる事でお悩みでしたら、
気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。