2017-10-12

メーターモジュールの家は良いことばかり?


こんにちは、辰川です。

展示場にあるモデルハウスを数件でも見学すると、同じ6帖の部屋でも広く見える家と、狭く見える家があるのに気付いたことはありませんか?

これは設計するときの、モジュールの選択の違いが原因です。

モジュールとは何?

モジュールというのは、家を設計するときの基本寸法のこと。

尺モジュール(910ミリ)とメーターモジュール(1,000ミリ)の2種類あって、尺モジュールは、日本で昔から使い続けられています。

とくに、尺モジュールは関西では古くから、京間(ほんけん。関西間のこと)と呼ばれてきました。

尺モジュールは、畳一枚の寸法=約191センチ×95センチ、として広い目に作られているので、奈良や大阪などの関西人は、京間や関西間であることをとても有難がりますよね。

ところで、現在のところ、建売りにせよ、注文住宅にせよ、畳の寸法は小さめの関東間サイズ=約182センチ×91センチにほぼ統一されています。

しかし、関東間サイズは、これまでの京間や関西間に比べて少し狭い感じを受けます。

これをビジネスチャンスと考えたのが、「メーターモジュール」を採用する住宅メーカーです。

メーターモジュールという呼び名は、1メートルを基本単位とするためですが、 畳一枚の寸法が200センチ×100センチとなります。

だから、メーターモジュールでつくった6帖間だと、関東間の7帖以上のスペースになるので、かなりゆったりした感じに思えるはず。

メーターモジュールのメリット

では、メーターモジュールで注文住宅をつくるとどんなメリットがあるのでしょうか?

何といっても廊下や階段が広く確保できます。

家族に車イスを使う高齢者がいる場合は、廊下が広いと移動しやすくなるので、大きなメリットですね。

ただし、リビングダイニングや各個室まで、同じようにメーターモジュールにしてしまうのは、ちょっと大雑把すぎます。

例えば、メーターモジュールの6帖の間はたしかにゆったりしていますが、尺モジュールであっても7.5帖や、8帖の間をつくることできますよね。

しかも、そもそもメーターモジュールですべての居室をつくる必要があるのか、という疑問も湧いてきます。

また、廊下や階段だけを広げたいだけなら、尺モジュールは、1/4単位(約150ミリ幅)で増やすことができますから、きめ細かなプランも立てられます。

メーターモジュールは誰のためにある?

ところで、メーターモジュールは住宅会社が儲かる手段ともいえます。

なぜなら、メーターモジュールにすると、尺モジュールでたてるときに比べて、1.2倍の延べ面積が確保できるからです。

1.2倍になれば、その分、建築費用も1.2倍かかるので、メーカーにとっては大した工夫もなしに利益があがります。

注文で建てる場合、単に広いと喜んでいると、無駄にお金を費やすことになるということです。

従って、プランづくりでは、広げたい部分と、広げる必要のない部分をしっかり区別することがポイント。

これから総合展示場に行く際は、その辺も意識して見学してくださいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。