2018-03-09

一人になれる空間をつくってみる


こんにちは、辰川です。

前回は、良い家族関係を保つコツは、
家族が同じ部屋で過ごすようにすればよい、
という話でした。

でも、集中して仕事をしたい時、読書に耽りたい時、
また誰にも邪魔されずに居たいこともありますよね。

そんなときは、自分だけの空間があったら…
と思いますね。

精神衛生上も、一人になれる空間は、
とても重要だといわれています。

ところで、早朝に出勤し深夜に帰宅する夫は、
拘束時間が長いので、主婦と違って
家の中で一人になれる時間を作りにくいです。

家に自室が無い場合、夫が一人になれる空間は
せいぜいお風呂かトイレくらいでしょうか。

そのため、書斎や自分だけの空間が欲しいと願う
男性は少なくありません。

ましてや、子供部屋や夫婦の寝室を優先させると、
書斎をつくるのはまず困難です。

でも、書斎を確保できなくても大丈夫。

例えば、部屋の一角を壁で仕切って
狭いながらも一人になれる空間をつくるのです。

ただ、居心地が良過ぎて、
入り浸ってしまうと家族の反感を買います。

ほどほどに楽しみましょうね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。