2018-03-24

値引きしてよいのは、土地と建売住宅だけです


こんにちは、辰川です。

今や、車や電化製品を買う時に
値引き交渉する人は多いですよね。

よって、注文住宅の家づくりでも
値引き交渉する人が増えているとか。

ところが、
注文住宅に値引きを求めることは
あまり好ましいことではありません。

なぜなら、自由設計の注文住宅の場合、
値引き相応のリスクが伴ってくるからです。

値切り交渉をしても問題が無いのは、
土地を買う時か、建売住宅を買う時ぐらい。

それは、土地も建売住宅も現に存在するものだからです。

ところが、一から新築する場合はそんなわけにはいきません。

業者はあなたが契約した金額から、自社の利益と
掛かった経費を確保し、 あとに残った予算で家づくりをします。

業者はとうに顧客心理をお見通し

『値引き』とか『豪華設備をプレゼント』をチラつかせて
集客したり、契約を迫る業者はいます。

でもこのブログを読んでいるあなたなら、
そのカラクリや怖さはご存知ですよね。

そのキャンペーンで損をする分を、他のお客さんから
多めに利益を取っているかもしれません。

もちろん、単純に自社の利益を削る業者もいるでしょうが、
常にそんな事をやっていては会社の存続が危ぶまれます。

ですから、業者は自らすすんで損するようなことはしません。

『値引き』や『おまけ』は誰かの負担を伴う

見えない材料や、基礎工事などの重要箇所で経費削減されても、
素人にはわかる術がありません。

また、現場で作業する職人にシワ寄せが行き、
工事の質やモチベーションが下がることになります。

結局は、値切った分だけ、シワ寄せは自分たちに返ってきてしまいます。

では、そうしてまであなたに家づくりを勧める狙いは何なのか。

そこのところを考えると、値引きやキャンペーンも
冷静にチェックできますね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良の家づくりで疑問・質問があれば、
何でも気軽にご相談ください。

プロとして納得のいく解決策をご提案いたします。
⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。