2019-06-08

健康に暮らせることが最低条件では?


これから新築するとしたら、
家は家族が幸せに暮らせる場所であって
欲しいものですよね。

こんにちは、辰川です。

そのために最低守りたい条件は
何より「健康に暮らせること」ではないでしょうか。

健康に暮らせることが一番では?

過去、シックハウスが大問題になった時期がありました。
今でも、その問題が完全に消えたわけではなりません。

家族の健康を守りたいのなら、
その業者がどんな建築部材を使うのかを、きちんと調べたいものです。

例えば、
・法律の範囲内で、化学物質を抑えた材料を使っているのか、
・一部に自然素材を使った家づくりなのか、
・自然素材を多用した家づくりなのか

このように、自然素材の使い方は、
業者によって本当にまちまち。

人も住まいも長持ちさせたい

今の家は、ほとんど工業製品で作られています。
そして工業製品の良さは、経験の浅い職人でも建てられること。

しかも工期も短くて済むので、
コストを抑えて早く新築したい人には、まさに打ってつけ。

ただし、工業製品で困るのが、
建材や接着剤などによるシックハウスの不安が
付きまとうことです。

その点、自然素材でつくった家は、人と同じように呼吸をしています。

室内の湿度を調整してくれるので、結露やカビを抑えてくれて
健康のためにもすこぶる良いのです。

そのためか、子どもの喘息やアトピーを理由に、
新建材の住宅から自然素材の住宅に移り住む人もいるくらい・・

とくに建材にこだわる建築業者などは、
こうした点をしっかりチェックし、木材を購入しています。

素材や健康にこだわりがなければ、
「国の基準をクリアしてるんだから問題ない」
と思う人もいるでしょう。

でも、家族の健康を守りたい人であれば、
そこは大切なチェックポイントです。

スーパーに並べられた食品でも、
見てくれだけで体に良くないものもあります。

一方、見た目が素朴でも、素材や品質にこだわった食品は、
人の健康に役立ってくれます。

家づくりも同じだと思いませんか?

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!

奈良で『注文住宅のパートナーが見つからない』『家づくりの方向性に悩んでいる』
こんなお悩みを抱えているなら、一度気軽にご相談ください。

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。