2019-04-30

新築したら、小まめにメンテナンスしましょう


アメリカと日本では、住宅に対する考え方に
大きな違いがあるのをご存知でしょうか。

こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

実はアメリカでは、住宅の購入価格と、
数年間住んだあとの売却価格に、あまり差がありません。

それどころか買った時より高く売る人も
めずらしくありません。

日本の住宅が、中古で売り出したとき
年数とともに価格が下落していくのに比べ
大きな違いがあります。

●何故、アメリカの住宅は資産価値が下がらない?

実は、アメリカの中古住宅の流通量は、
日本のそれと比べて30倍の規模があります。

勿論、アメリの中古住宅の流通システムが
整備されているという点もあります。

しかし、理由はそれだけではありません。

●そもそも、住宅に対する考え方が違う

つまり、日本人は住宅を「終の棲家(すみか)」とみるのに対し
アメリカ人は住宅を「投資」とみているということです。

つまり、アメリカ人の70%以上が
住宅を手に入れてから15年以内で住み替えます。

日本人のように「終の棲家」ではなく、
株などと同じように「投資」の対象とみているのです。

●アメリカ人のほうが小まめ

では、アメリカ人は住宅に愛着が無く、
手に入れたあとは、放ったらかしなのかといえば、
まったくの逆。

日本と違い、アメリカ人にとって
住宅は「投資」であるため、資産価値が下がらないよう、
小まめにメンテナンスを行います。

「アメリカ55年、日本30年」という、住宅の寿命にも
ちゃんとした根拠があるわけです。

けっして、工法や断熱材のせいだけで、
家を寿命が短くなるはずがありません。

どんな立派な家でも、手入れを怠れば、
寿命は早くやってくるということです。

●住宅は一生の買い物という割には・・

日本人は、住宅を
「一生で一度の買い物」と考えますよね。

それ自体はけっして悪いことではありません。

しかし「住宅=終の棲家」というわりに、
日本では、家を新築したあと、
メンテナンスに気を遣わない人は多いです。

そのため、家に大きな支障がでてきて、
初めて修理するというケースがほとんど。

あれほど頑張って建てたのですから
将来売却する、しないに関係なく、
家は長持ちさせたいものですね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!
家づくりでは、何が不安なのかをはっきりさせると
その解決策を探せます。

奈良の注文住宅づくりでお悩みでしたら、
気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。