toggle
2017-05-14

土地探しは誰に頼ればいいの?


土地を決める前に、住宅会社に相談したほうが良い

こんにちは、奈良の注文住宅を手掛ける辰川です。

今、土地のない人が注文住宅で家を建てようとする場合、最初に取り掛らねばならないのが土地探しです。

しかし、実際の土地選びや購入において、仲介業者だけが頼り、という人は多いですよね。

ただ、日々当社に寄せられる相談でも、実際にプランづくりの段階でも、「すでに購入した土地が何らかの制約を受けて、理想の家を諦めざるを得ない」というケースが見受けられます。

土地購入前にしっかりチェックさえ行っておけば、こんなことにならなかったと思います・・・本当に残念としか言いようがありません。

では、これから土地選びをする人は誰を頼ればいいのか。
多くの人は不動産業者と答えるかもしません。

勿論、不動産業者を訪ねてもよいのですが、その際はできるだけ建築に詳しい、経験豊かな業者を選ぶことが大切。

たしかに不動産業者は、土地売買のプロであり、たくさんの情報を持っているかもしれません。

しかし、奈良で注文住宅を建てようとする人にとっての良い土地が、不動産業者にとっての良い土地と一致するわけではありません。

なぜなら、不動産業者にとって良い土地とは値段の高い土地だからです。

不動産業者にしてみれば、値段が高い土地を契約してもらうと、より多くの仲介手数料が入ってくるという計算が働きます。

となると、買い手のメリットより、自分に入ってくる仲介手数料のことを考えるようになります。

なぜなら、不動産業者はその土地にどんな建物が建つのか、イメージすらしないからです。

土地の値段が高ければ、その分だけ土地の形状、日当たりも良く、家を建てる条件には恵まれているかもしれません。

しかし、土地・建物を合わせて、あなたの予算に収まるかどうかはわかりませんね。

いくら好条件を備えた土地であっても、予算内で収めておかないと、希望する家が建たないという悲しい結果になることもあります。

従って、予算をよく考慮した上で、自分の建てたい家に見合った土地を探さなければなりません。

では、一体どうすればよいのかというと、住宅会社(工務店)に在籍するプロにお願いしてみてください。

住宅づくりのプロに、土地探しを手助けしてもらうことは、何だか畑違いのような気がするかもしれません。しかし、お願いするだけの理由があります。

というのは、奈良の住宅会社(工務店)も土地に関する情報は、奈良の不動産業者から収集しています。

つまり、土地探しと住宅づくりは、切っても切れない関係にあるということです。

それに、住宅づくりのプロが土地を吟味するときは建て主の目線でとらえるもの。

その土地が建物を予算内でつくる上で本当に適しているかどうか、という見方をしてくれます。

このへんが、仲介手数料の多寡で考える不動産業者と、同じプロであっても目的が違いますから、土地の判断基準にも大きな差が出るのです。

例えば、「水周りを一箇所に集めて、家事の負担を減らしたい」
そのためには、道路の高低差、方位は問題はないかどうか?

「収納スペースは広めにしたい」「庭にはウッドデッキをつくりたい」
その要望に応えられるだけの広さはあるかどうか?などなど。

家づくりは、土地の条件に制限されることが多く、土地購入の段階で注意すべき点がいくつもあります。

せっかく購入した土地が、いざプラン作りに入ったとき、形状や法規制といった制約で、思い描いたプランが作れない、予想外のお金がかかる、というであれば泣くに泣けませんね。

そのほかにも、工務店に任せるメリットはあります。
それは、あなたの代わりに値段交渉をしてもらうのです。

不動産の交渉事は知識や経験の差がものをいいます。しかも、ようやく見つけた土地を目の前にして冷静に交渉できないこともありますね。

その点、住宅会社(工務店)は第三者的な立場にあるので、一般の消費者よりも冷静に交渉ができますし、価格交渉できる範囲もわかります。

もし土地を安く買えれば、その分だけ住宅の予算が増えて、プランづくりに余裕ができますから、少しでも安く購入できるように売主に働きかけてくれます。

そんな住宅会社(工務店)であれば、家づくりにおいて、土地にデメリットがあっても、それをデメリットと感じさせないだけの提案を出してくれるものです。

いかかでしたか?

土地は一度買ってしまうと買い替えが難しい買い物です。
それだけに、奈良の土地選びにあっては、焦らず、じっくり、粘り強く取り組んで下さいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。