2020-02-20

我が家を消耗品にしないために


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

近年、独身女性がマンションを買うケースが増えています。

彼女たちのなかには「ずっと結婚しなかったら」
「収入が減ったら」との不安を解消するためにマンションを
買っている人も多いといいます。

つまり、『マンション=資産』という考えで行動しているわけです。

では、これから一戸建を建てようという人は、同じような意識で
いるのでしょうか?

こんな意識を持っている人は、意外と少ないかもしれませんよ。

日本の住宅は資産ではない?

日本の住宅の寿命は欧米に比べて、大変に短いといわれます。

これは、日本では『住宅=消耗品』と捉えているからです。

しかしながら、日本の神社仏閣はとてつもなく長い年月を経て
現在も残っていますね。

その一方で、住宅はほんの20~30年で建て替えられることも。

何か、矛盾を感じますよね。

どうして、こうも日本の住宅は短命なのかと。

住宅の寿命を決めるもの

住宅は、その土地の気候風土、使い方に合った建材や工法を選ぶか
どうかが寿命を大きく左右します。

もちろん、建て放しでは駄目であり、その後も定期的なメンテナンス
を施すかどうかで、さらに寿命は変わることに。

そうすることで、家は『消耗品』ではなく『資産』になるのです。

資産価値を維持した住宅は、もし売却することになっても安心ですよね。

だから、あなたが家を建てるときには、我が家を『資産」にするよう、
意識することが大切ですよ。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、自然素材の家造りでお悩みでしたら、
何でも気軽にご相談下さい。 ⇒無料相談はこちら

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。