2017-06-25

折角の注文住宅なら、睡眠の質も高めませんか?


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

春になると日中でもなぜか眠たくなりますよね。
ポカポカ陽気で眠くなるなんて言われていますけど、仕事中に支障が出て困る、という人は多いです。

こんなとき、何とか睡眠の質を高められないものでしょうか?

それには、家を新築する際、寝室の環境を変えてみるのが効果的です。

日中に眠くなる原因として知られているのは、自律神経の乱れ。
春先は三寒四温と言って、寒い日と温かい日との気温差が大きくなり、自律神経が乱れやすくなります。

また春は進級や配置転換のため、子供も大人もストレスを感じやすい時期。
体と心を守るために頑張っている自律神経にとって、春の寒暖の差や人間関係のストレスは大きな負担です。

自律神経が乱れると、夜になると心身がリラックスできず、睡眠の質が悪いままでは、日中も眠くなってしまいます。

ところが、静かな部屋で一人で眠りたい人もいれば、族の気配を感じる方が眠りやすい人もいます。

また、新築したのをきっかけに、布団からベッドに変える人もいますが、布団でないと眠れないという場合もあるので要注意。

その反対に、花粉症やハウスダストに悩んでいるなら、ベッドに寝た方が、鼻づまりやくしゃみを和らげられます。床上30センチ以下は、ハウスダストが舞いやすいからです。

そのほか、眠りが深い人の部屋はトイレの近くでも構いませんが、眠りが浅い人の部屋は、トイレから離れた場所のほうがぐっすり眠れます。

奈良で注文住宅を建てるとき、キッチンやリビングに目を向けがちですが、眠りやすい寝室づくりにも、こだわりたいものです。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。