2017-11-24

注文住宅にかかるお金(Part1・その内訳)


こんにちは、辰川です。

一から建てる注文住宅の場合、まず気になるのは「お金」のことではないでしょうか。

建売住宅であれば、すでに建物が完成しているので、あとから追加工事を請求されることはありません。

これに対して、何もないところから建てる注文住宅は、広告で坪単価が記されてはいても、それだけで済むのだろうかという漠然としたものがありますよね。

そこで今回は、注文住宅にかかってくる「お金」についてです。

注文住宅で建てる場合、3種類のお金がかかってきます。

「建物本体工事代」と「別途工事代」、そして「諸費用」の3つです。

建物本体工事代とは、工事会社や設計事務所に支払うお金のこと。

その内訳には、本体価格と追加工事、設計料があります。

本体価格の中身は、業者でまちまち

建物工事代の中でも、特に気を付けたいのが本体価格。

よく住宅広告などで表示されるのは本体価格のことです。

つまり「〇〇万円の家」とか、坪当たり〇〇万円という表示は、この本体価格を指しています。

ところが、困ったことに、その中身は業者によってまちまち。

例えば、A社の場合は本体価格だけで、そのまま住める仕様になっているのに、B社では本体価格には網戸や雨戸さえも含まれていない・・

B社の場合、家の引渡しを受けてもこのままでは住めません。

こうした業者の場合は、追加工事がどんどん膨らんでいく可能性があります。

従って、本体価格の中身は業者ごとに違うので、安易に鵜呑みにしないことです。

別途工事代とはどの部分か?

別途工事代とは、建物以外にかかってくるお金のことです。

例えば、古家の解体費用や外構費用などは建物以外の工事に当たります。

ということは、軟弱地盤の場合に行う地盤改良費や、敷地内に水道がない場合の引き込み工事代も、別途費用になります。

こうしてみると、注文住宅にはずいぶんお金がかかるのがわかりますね。

 

さて次回は、諸費用について。

ではまた!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。