toggle
2017-05-09

奈良市のM様宅のリフォーム完成


こんにちは、辰川です。

写真は、奈良市内の閑静な住宅地で、Mさま宅は、先日、当社で仲介をお世話したお家。

当社が引き続いて、改装のご依頼もお受けしたもので、改装の内容は、ガレージの拡張工事と、キッチンの入れ替え、壁と天井の内装工事です。

ところで、近頃の新築一戸建てであれば、一家に2台分の車庫スペースはめずらしくはありませんね。

しかし、さすがに30年前となると、せいぜい普通車1台分のガレージでもあれば十分という時代でした。

今回、Mさまの要望も「ヴィッツと軽自動車。この2台が入れる車庫にしたい」というもの。

ただ、この車庫は最初の勾配がきつくて、女性が車1台の車庫入れするのも大ごとでした。しかも、前面の道路も坂道ときている。

そこで、古いコンクリート土間を削り取って、緩やかな傾斜にやり替えることにしました。

車庫の扉や支柱、古いカーポートや塀、使われていない花壇も全部撤去し、さらに入口部分を隅切りする・・

こうして、小型車なら2台が出し入れできる車庫の完成です。

築30年の一戸建てでは、床下も気になる箇所です。

大工棟梁が床下を覗きましたが、木部の腐りもなく、とくに問題なし。

当時の大工さんの仕事がきっと丁寧だったのでしょう。床下が乾いていました。こんな家を買えば、得した気分になります。

また、このお宅は新築同時の設計図面が残っており、注文住宅で建てられたことがわかりました。

室内は年式なりに経年変化が見られますが、建物の構造はまだまだしっかりしています。

玄関ホールから廊下にかけて、天井と壁のクロスは紫外線やタバコのヤニで黄ばんでいたのを、真っ白な壁紙に貼り換えます。

奥のほうに見えるのがキッチンです。

現地で、施主様とリフォーム前の打ち合わせ。キッチンはこの際、最新のシステムキッチンを新調することに。

写真では、カウンターが少し高いのがわかるでしょうか?

キッチンを交換したついでに、これまでより低い位置にカウンターを新設しました。

これならキッチン側から茶碗やお皿を、テーブルの家族に手渡しできるますね。

以前よりずっと明るく、広々としたダイニングキッチンに変貌を遂げました。

当日は、引っ越し日が重なったのですが、お昼過ぎにはキッチンなど水回り機器の設置も終えて、夕方にガスの開栓も完了です。

M様、本当にお疲れ様でした。

食器洗い乾燥機をフルに使って、家事と仕事に頑張ってくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。